企業の助成金についての解説ページです。

英語を身につけるための勉強を助成金で補助する

【現代社会において需要が高まる英語の能力】

現代社会において、英語の能力は大変重要視されます。

これは、求職者という立場からも言えることで、できるかできないかによって、評価に大きな差がついてしまうことも少なくありません。

ですが、なかなか勉強する機会もなく、身につけられなかったという人もいるでしょう。

その中で、今後の求職や現在の職業への安定を図るために設けられている精度が教育訓練給付制度です。

この支援制度を使うことで、英語を勉強しながら助成金を受けられる可能性があります。

 

【雇用保険に加入が条件の一つ】

総受講費用の20%までで、最大10万円が支給されることがある教育訓練給付制度は、雇用保険加入が条件となっています。

始めて利用する場合には、1年以上加入していなければならず、2回目以降の場合には3年以上と新卒で雇用保険に加入していない場合には請けることはできません。

様々な分野に活用できる制度で、その中の一つとして、英語を勉強することもできるようになっています。

ただ単に、大教室で授業を受けるようなものではなく、マンツーマンレッスンや少人数で受けられるようなものも選択できるようになっているのです。

ただし、その教室が教育訓練給付制度に認定されていなければならず、どこでもこの助成金を受けることができるだけはないという点には、注意しなければいけません。

 

【書類が多いのも特徴】

英語の能力を身につけることは、大変意味があることです。

助成金によって身につけることができるようになるのであれば、活用する意義は大変高いといえます。

色々と受給資格があり、ハローワークに赴き書類も多く作ることになりますので、その際には印鑑も持っていくといいでしょう。

後から書類に判を押し持っていったりする手間が省けます。

No Comments Yet

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>