企業の助成金についての解説ページです。

失敗しないように必要となる助成金の受け方を考える

【助成金を上手く活用するために】

助成金を受給することを考えることは、正しい方法であることは間違いありません。

返済する必要もありませんし、受給条件さえ満たせば、誰でも申し込むことができるようになっていますので、経営を考えればぜひ利用していきたいと思うのが当然です。

しかし、待っていても支給してくれるわけではありませんので、書類を作成し印鑑を押して提出しておかなければいけません。

受け方も知らなければ、助成金はうまく活用することができなかったりするのです。

 

【ハローワークと雇用・能力開発機構】

助成金に申し込む場合には、いくつかの方法があります。

その中でもハローワークを利用する方法が多くなっているといえるでしょう。

助成金が厚生労働省の所管であるということで、中心となるのは雇用に関する助成となるからです。

 

もう一つの受け方が、独立行政法人雇用・能力開発機構に対しての申請になります。

こちらは、各都道府県にある厚生労働省の下部組織であり、人材育成に関する助成の窓口であると考えるとわかりやすいでしょう。

ただし、内容によっては取り扱いが変わりますので、案件ごとにどこで受けられるのかを明確にしておくと失敗がありません。

 

【細かなところまでチェックされる】

助成金を受ける場合には、かなり細かな調査が入ることがあります。

しっかりとしたスケジューリングも必要になりますが、書類の不備がないように印鑑等も確認しておくといいでしょう。

 

さらに、細かな部分は自分たちの判断では許可が下りないことがあります。

国の助成金であるため、かなり細部にわたって規定がなされており、適応しなければ申請は受理されないという事を理解しておくべきです。

後になってから、なんで下りなかったのかと悩むよりも、専門家に助言を求めたりするのも必要だといえるでしょう。

 

No Comments Yet

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>