企業の助成金についての解説ページです。

助成金 内訳 書き方

【書き方次第で変わる助成金】

助成金を受けようと思った場合、書き方が重要になります。

印鑑などは、押す場所や使う印鑑を間違わなければほとんど問題は出ませんが、内訳が必要となった場合に書き方を間違えれば助成を受けられないことも出てきてしまいます。

特に証拠書類の提出が求められる場合には、書き方ひとつで変わってくると思わなければいけません。

ただ書類を保存しておけばいいというわけではありません。

事業計画通りに、計画実行を行ったのかどうかという事を書かなければいけないこともあるからです。

 

【内容証明等の内訳の書き方は重要】

創業補助のような、目的がはっきりしている助成や補助の場合、内容を証明することが求められることになります。

たとえば、見積もりや領収書といったものだけではなく、提出した事業計画に対して、どういったことを実行してきたのかという証拠書類です。

これをほかの事業のものとは区別し、明確にしていくようにしていかなければ、請求することができないことがあります。

 

助成金では創業時に受けられるものがなくなってしまいましたが、書類を提出すれば受けられるわけではありません。

内訳もしっかりしていなければ、国に対する書類は通らないのです。

後から何とかなると思っていたりすると、全く助成を受けられずに終了するケースはいくらでもあります。

 

【準備を怠らないように内訳を確認】

助成金の申請書類は、非常に多岐にわたることも少なくありません。

十数枚の書類を作成することになりますので、どんな書類があるのか内訳を作っておき、不足がないように管理することも必要になります。

当然、1枚でも不備があれば申請は受理すらされませんので、重々注意する必要があるからです

後から失敗したと思っても取り返しがつかなくなりますので、しっかりと準備をすることを心がけましょう。

No Comments Yet

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>